会社概要
COMPANY
会社概要

もっとゆかいに、もっとつながる

RUB-ENTERTAINMENTはラブ・ラボがTシャツ・タオルの両サイトを運営していく中で、法人様案件で別注やフルオーダーのTシャツ・グッズ・ノベルティへの需要が増えたことから専用の窓口を作ろうということで生まれました。名前の由来は本家RUB-LAB(あらゆるアイテムにラブ(RUB/刷る)ラボ(LABORATORY/研究開発する)積極的展開企業です)の発展形で、刷る(RUB)ことで世の中を楽しく(ENTERTAINMENT)するという願いが込められています。

MESSAGE 代表メッセージ
FACTORY 工場紹介 
  • 会社名

    株式会社ラブ・ラボ

  • 設 立

    1994年4月15日

  • 資本金

    1,000万円

  • 役 員

    取締役会長 谷本 嘉宏
    代表取締役 谷本 昌英
    取締役   前野 隆
    取締役   谷本 さつき
    監査役   谷本 桂子

ACCESS

アクセス

東京オフィス

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-19-19
ワコー宮益坂ビル3F
TEL 03-6450-5353 FAX 03-6450-5484
営業時間 10:00~18:30
(平日対応・土曜日は不定休)

地図を開く

高松本社・工場

〒761-0323
香川県高松市亀田町90-1
TEL 087-847-2000 FAX 087-847-2002


 

地図を開く

沖縄オフィス

〒900-0005
沖縄県那覇市天久2丁目1-28ケイユウビル3F
TEL 098-917-5581 FAX 098-917-5582


 

地図を開く
HISTORY

これまでの歩み

  • 1975年

    香川県高松市茜町に谷本嘉宏(現会長。プリント作業もこなし、営業もする。バリバリの現役。)が谷本タオルとして創業。

  • 1989年

    谷本昌英(現社長)が谷本タオルで第二創業者となる、東京から香川へUターン。アメリカンプリントシステム設備導入、ナイロンウェアプリントに特化。

  • 1994年

    有限会社ラブ・ラボに改組および登記。社名は「愛」と関係あるのかよく聞かれますが、RUB-LABとはあらゆるアイテムにラブ(RUB/刷る)ラボ(LABORATORY/研究開発する)積極的展開企業です

  • 1995年

    郷東町に新社屋建設し、本社・工場を移転。

  • 1996年

    オート6カラープリンター機(日本製)設備導入。

  • 1997年

    株式会社ラブ・ラボに改組及び登記。

  • 1998年

    ウェブサイトを開設。

  • 2002年

    扇町に営業チーム、デザインチームを移転、郷東町はプリント工場として稼働。

  • 2005年

    香西町に第二プリント工場開設。

  • 2006年

    社長が青山という響きに憧れ、東京都南青山に東京オフィスを開設。亀田町へ新社屋として移転。郷東町工場・扇町事務所・香西工場の3拠点を集約。これを機に創業記念日を4月4日にする。(あんぱんの日でもある。)オート10カラープリンター機(アメリカ製)設備導入これにより1日の生産量が大幅アップ!

  • 2009年

    自社ブランド「F.I.T.Tシャツ」を作る。作成にあわせ、フィットくんという伝説のキャラクターも誕生。

  • 2011年

    水性プリント設備導入。これにより、ポリエステルのTシャツにも自由自在にプリントできるように。

  • 2012年

    沖縄県那覇市に沖縄オフィスを開設。今ではEC事業部の拠点に。

  • 2013年

    創業25年。設立20周年を迎える。社員他お取引先様もお招きし周年パーティを開催。初の海外社員旅行へ。行き先はバリ。

  • 2014年

    東京大手町にオリジナルプリントショップを開設。店舗として初の出店。

  • 2015年

    インクジェットプリンター機導入。Pマーク取得。デザインシミュレーターをウェブサイトに導入。

  • 2016年

    東京オフィスと大手町オリジナルプリントショップを統合し渋谷に移転。

  • 2017年

    RUB-ENTERTAINMENTを開設。
    世の中をプリントを通じて楽しくするというミッションを持って今後もますますオリジナルグッズ・ウェア作成に邁進中。

  • 2018年

    スタッフ増員のため渋谷区内でオフィス移転。
    新しいオフィスにふさわしい働きをすべくますますオリジナルグッズ・ウェア作成に邁進中。

  • TOP
  • 会社概要